【ブレイクダンス|ウインドミルのコツと基礎】頭|チェアー|スピード三つの理論やり方を解説

スポンサーリンク

ウインドミルが回れる理由/原理とは

ブレイクダンスのウインドミルという技は

開脚をしたまま、背中と手を軸にして回転する」という動作である

かつ

あおむけとうつぶせを繰り返す」という動作が加わる

そもそも初心者の方は回転する意味、原理がわからないであろう

「あおむけからうつぶせになる」時の頭と腰の動き

に注目すれば、なぜ回れるのか理解ができる

まずはいきなり練習に入る前に、理解してから取り組んでみてはいかがだろう

「腰が頭より高く位置する」から返せる

「あおむけからうつぶせになる」動作

俗に言う「返し」

これが出来ずに挫折する人も多い

筆者もテレビでやっていたウインドミルを真似て、芝生で1年くらいやったけど出来るようにならなかった高校時代がある
(田舎で誰も教えてくれる人やYoutubeもなかったので)

なぜ回転できるかというと「返せるから」である

なぜ返せるかというと

「腰が頭より高い位置に来るから」である

その3パターンを抜粋したので解説していく

頭軸「頭と腰の関係が90°」

・背中をついた時にヒザをなるべく胸の方へもってくる
(腰をくの字に曲げるので「つぶす」という表現をすることが多い)

・背中をついた時に、後頭部も床についている

・返す時に「頭と腰の関係が90°」を目指す、ほぼ頭軸になる
(イメージは3点倒立にもっていく)

・最もスピードが少ないウインドミルが可能
(遠心力に頼らず、軸だけで回すイメージ)

チェアー軸「頭と腰の関係が45°程度」

・軸がチェアーなので、頭とチェアー(手と腹筋)付近が軸になる

・返す時に「頭と腰の関係が45°」程度になる
(チェアーを崩して入り、チェアーにのせようとするとこの軸になる)

・初心者がウインドミルを返す際に最も使われる練習手法でもある

・とにかくチェアーに持って行きさえすれば、一周は返せる手法

・チェアー手が入る空間を腰と床の間につくる必要がある
(頭軸と同様、頭を床に近づけることで腰の高さを出すとやりやすい)

スピード優先「頭と腰の関係が25°程度」

・しっかり足を遠くにふって入り、勢いをつける
(あえて動画ではチェアーを使わずに遠心力を使って入っている)

・背中をついた際に遠心力を感じられる状態をつくる
(返さない場合、その場でバックスピンが数周できるとよい)

・返す時に「頭と腰の関係は最も低い25°」程度になる
(軸をつくってから返すのではなく、勢いをつくって返すと軸ができる逆パターン)

・返す時は両手だけに軸ができる、チェアーや頭軸にのせない

共通していること

・返す時に、頭を床に近づけるということ

・頭を床に近づけた分だけ腰が天井側にひっぱられるということ

・スピードをだすほど、返しの時に腰は低くなる

・スピードをださないほど、返しの時に腰は高くなる

Youtubeでも詳しく解説/ウインドミルが回れる理論

さらに詳しく知りたい方はこちら

【ダンス超初心者向け】ウインドミルが回れる理由/コツ/理論を解説!/はじめる前に知っておきたい/ブレイクダンス技

【ダンス超初心者向け】ウインドミルが回れる理由/コツ/理論を解説!/はじめる前に知っておきたい/ブレイクダンス技

あわせて読みたい

【ブレイクダンス初心者おすすめ】超入門ウインドミル講座 解説
120万回以上再生されたウインドミル講座の筆者が、新たに超入門ウインドミル講座を公開し、そのやり方を詳しく解説していきます。
ウインドミル講座 1 【初心者向け】解説
120万回以上再生されたウインドミル講座 1 【初心者向け】の動画作成者が記事で解説
【初心者向け】ウインドミルの返しが必ずできるようになる方法
ブレイクダンスの基本技ウインドミル、返せなくて困っている人向けの解説記事、初心者必見
【初心者向け】ブレイクダンス 、ウインドミルの疑問を解決、期間、怪我、場所など
ブレイクダンス 、ウインドミルの疑問を解決、期間、怪我、場所やブレイクダンスはハゲるのか?などよくある質問や疑問を初心者向けに解説する。
ウインドミルの質をあげる方法
ウインドミルが回れるようになると次はスピードを上げたり、ウインドヘッドやベビーウインド、ノーハンドなどに挑戦したくなると思います。そんな方にヒントになる解説記事です。
【ウインドミルおじさん活動】ウインドミル講座/ウインドミルチャレンジ/筋トレ/BestWindmill等まとめ
BestWindmillシリーズ、アラフォーウインドミルチャレンジ、ウインド筋トレ、など、ウインドミル好きの方、ウインドミルを志す方はチェックしてみては如何だろう。

コメント