【豊橋のピザ名店】pizzeria ciro(ピザ チーロ)が閉店

スポンサーリンク

前置き ”originality and creativity”

ブレイクダンスとピザには意外な共通点があったようだ。

イタリア出身の超有名ブレイクダンサー、テレビ”ザ・ベストハウス123“でも特集されたCICO(チコ)。

ナポリピザの生地をこねて回す映像と、ナインティー (片手で回る技)がベストマッチしているぞ。

Cico Tetaser for The red bull bc one western european final 2013

Cico Tetaser for The red bull bc one western european final 2013

本題 豊橋のピザ名店が閉店に

豊橋にあるナポリピッツァの名店”PIZZERIA CIRO”(ピッツェリア チーロ)

本場イタリアのナポリで修行を積まれてきたということ。

真のナポリピッツァ協会にも登録されている愛知県内2店舗目だったこと。

まさに”本物”というべきピッツァを提供する希少なお店であった。

あまりの美味しさに、食べログへ寄稿させて頂いたこともある。

モッツァレラチーズと生ハムのサラダは地元産の野菜もふんだんに使い、最高にフレッシュな気分にさせてくれる。

サイドメニューとは思えないほどゴージャスな肉の窯焼き料理。

ボルチーニピッツァに、サーモンのピッツァをハーフで注文。サーモンにはトリュフソースをふんだんに使い、食べたことのない旨味に卒倒しそうな勢いだ。

しかし、2018年7月29日をもって閉店されたとのことだ。残念でならない。真のナポリピッツァ協会からもその名が消えていた。

なぜ閉店したのか?

気になって調べていたところ、以下のような情報を見つけた。真偽のほどは分からないが、素晴らしいピッツァを豊橋で食べられたことに感謝し、またいつか開店することを期待している。

箱根のお店に腕を請われて助っ人に行くそうですよ〜 数年で戻ってくると思います ※以下instagram投稿者様コメントより引用

栄枯盛衰、万物流転

良きお店に出会えること、良き料理に出会えることは、同時に別れが始まることでもある。

それは生きている人間にも言えることであり、出会いがあれば、出会った瞬間に別れが始まっている。

回るピザもあれば、回る人間もいる。

世の中を回す人間もいれば、回され続けるだけの人間もいる。

生地をこねる手もあれば、肩をたたく手もある。

一見、何も関係ないように見えても実は万物は繋がっているのである。

ciroとcicoって似てる。

だから、ピザイコールブレイクダンスなのであろう。(無理が出てきた)

ありがとう、ピッツェリアチーロ。またどこかで。

Shammy’s cafe(シャミーズカフェ)/でも豊橋近辺でナポリピッツァが食べたい!!

チーロが閉店した今、豊橋近辺でナポリピッツァを食べたい方は、渥美半島の先端、伊良湖岬を目指してみては如何だろう

美味しいナポリピッツァが食べられるカフェがある、詳細は以下記事の章末にて紹介している

【渥美半島菜の花まつり】混雑、出店は?美味しいピザの店は?/愛知県田原市
例年1月中〜3月末にかけて開かれる渥美半島菜の花まつり、混雑、出店、トイレ、帰りに立ち寄るべき美味しいナポリピッツァの店シャミーズカフェ、伊良湖岬に移転した情報などを特集した。

コメント