【ブレイクダンス曲/つなぎ編集】ショーケース音源作成/DJ機材/初心者向けMIX作り方まとめ

スポンサーリンク

はじめに

ブレイクダンスの曲をつないで録音したりする場合、どのような方法があるか?

以下の3パターンを紹介したい

1:スマホだけ (低予算)

2:スマホ + コントローラ (中予算)

3;PC + コントローラ (高予算)

スマホだけで完結する場合

“djay”アプリがおすすめ

基本無料で使用可能

スマホに入っている楽曲を左側ターンテーブルと右側ターンテーブルに読み込ませて再生可能

レコード箇所をタッチすればスクラッチ操作も可能

レコーディングも可能なため、低予算でシームレスな曲のつなぎが実現できる

スマホをもっていて、スマホに曲が入っていれば曲をつなげる

DJ App for iPad and iPhone - djay by Algoriddim
djay is the #1 DJ App for iPad and iPhone with seamless Spotify integration - FREE Download

スマホ + コントローラ

先に紹介したdjayアプリに併せてコントローラを購入すると

例えばiPhone + DDJ-400(コントローラ)をライトニングケーブルで繋げば出来上がり

スマホ+コントローラだけでDJシステムが構築できるすごい時代

まずはスマホにdjayをいれてみて、興味があればコントローラも購入してみると面白いかもしれない

おすすめコントローラはDDJ-400 シェアも広く信頼できるパイオニア製品

PC + コントローラ

筆者が練習会や、たまに呼ばれるダンスイベントのDJで使用するシステムである

最も汎用的で、安定したやり方と思われる

オススメのセットは以下、詳細を綴っていく

安くする場合

MacBookAir + SeratoDJPRO + DDJ-SB3

高くてもよい場合

MacBookPro + SeratoDJPRO + DDJ-SX

※所感ではあるが、ブレイクダンスイベントの現場では

ターンテーブルを使用したPCDJ環境を実現するScratchLiveが使用されることが多い

だが、ターンテーブルの選定、針の手入れ、曲頭出しの難易度、持ち運びの大変さ

そしてハード購入予算が最も高くなることなどの理由から、ここでは割愛させて頂く

Serato DJ PRO (PC上で動作するDJ向けソフトウェア)とは

PCDJをする上で、コントローラだけでは使えない、コントロールするソフトが必要である

Serato DJはDJやってる人ならほぼ使ったことある汎用性のあるソフトウェア

PCに入った楽曲(itunesで購入したmp3ファイルなど)を読み込んでくれる

itunesのプレイリストと同期してくれるので、itunes使いに人気

2つのターンテーブル、再生、停止、スクラッチ等の基本機能を持ち

PCDJコントローラからの入力に従って動作する

Serato DJ Introなどの無償版はコントローラに付属してくることもあるが

録音機能がなかったり、2トラックの機能を持っていなかったりするので

基本はSerato DJ Proをコントローラと併せて購入するのがオススメ

定価だと¥16800くらいだが、セットだと¥10000程度のものもある

コントローラとは

PCとつないで使用する

ユーザが直接コントローラをスクラッチすれば、スクラッチした信号がソフトウェアに伝わり

ダイレクトにソフトウェアの楽曲を操作できるようにするもの

コントローラには、使用できるソフトウェアが限定され

ここで紹介するのはPioneerのDDJ-SBとSX

これらのコントローラはSeratoDJに対応しておりどちらも使い勝手がよい

PCの役割とは

SeratoDJ等のDJ用ソフトウェアをインストールし

コントローラとUSBでつなぐことで

ソフトウェアとコントローラの橋渡しをしてくれる存在となる

WindowsかMacが一般的に対応しているが

筆者はMacを強烈に勧める

WindowsPCの場合は、裏で何かしらのアプリが動いていたり、裏で謎のアップデートが始まったり

PCの動作を邪魔をしてくることも多いのである

Macはとにかく安定性が強く、認識も早く、多くのDJが使用している

一番のオススメはmac book proである

mac bookを安く手に入れる方法

Appleが整備済み品というものをリリースしていることをご存知だろうか

市場に不具合品として出たものをAppleが回収し

部品交換により不具合を修正した後、出荷テストでOKが出たものを

安価な値段で販売してくれるサービスである

保証も新品同様のサービスが付くうえ、Appleから直接購入するので安心である

注意点は、日々在庫が更新されるので

欲しいものがあれば、在庫が入荷されるかどうかを以下サイトに定期的にみにいく必要がある

新品よりも数十パーセントはお買い得になるので

人気品はすぐ売り切れてしまうので要注意

Mac整備済製品
すべてのApple製パソコンには、製品購入後1年間の保証がついています。AppleCare Protection Planに加入することにより、保証期間を3年間に延長できます。5,000円(税込)以上の購入で送料が無料になります。

コントローラ紹介 / DDJ-SB3 Pioneer

Pioneerのリリースするコントローラでも導入編で安価な部類

とはいえ、筆者も初代DDJ-SBを使用していた時期があったが

初心者がPCDJをするにはうってつけのコントローラと言える

既にSB3までリリースされている模様


またSeratoDJPROのライセンス付きで¥30000代のものもある、お得に購入するのにはオススメである

メリット:

価格帯が安い

この価格帯にしては、一通りの機能が備わっておりスクラッチも可能

USB給電だけで動作するので、コンセント不要

軽くて持ち運びが楽

デメリット:

高級機と比較すると、スクラッチ板が小さく、操作ボタンなども小さめ

上位機種と比較するとフェーダーなどが若干壊れやすいので、ぶつけないように注意が必要

コントローラ紹介 / DDJ-SX Pioneer

PioneerのリリースするDJコントローラでも最上級モデル

DDJ-SXシリーズは3まで出ている為

初代DDJ-SXは、中古品であればやたら安くなっている

定価は20万を超えるのだが、Amazon等で調べれば7万以下で購入できるものが多数散見される

初代だからといっても使い勝手はよく、筆者が練習会で常用しているのもこちらのモデルとなる

メリット:

レコードインタフェース部分(スクラッチ箇所)が大きく触りやすい

レコードの回転速度にあわせて擬似的にライト表示されるのは便利

スクラッチがやりやすい、触ったときの精度も抜群

Roll等、ほか機種にないサンプラー機能が豊富

ひとつのDJコントローラに二台のPCがつなげる為、DJが入れ替わる時に曲をシームレスにつなげる

重量があり頑丈

デメリット:

値段が高め

デカくて重いので持ち運びが大変、場所をとる

USBから給電できないのでコンセントが必要になる

スピーカー

筆者が練習会で使用実績のあるベリンガー社のものを紹介

アンプ内蔵スピーカなのでDJコントローラから直接スピーカーにケーブルをさせば使用可能

以下、200ワットのスピーカであるが体育館でDJプレイをする程度であれば、二つあれば十分と言えよう

筆者使用のものは550ワットだが、正直音がでかすぎてせいぜい1/5程度の音しか出力させていない


そんなにでかい音を求めていないのであれば、以下のようなJBL ChargeのBluetooth対応スピーカーがおすすめである

数人の練習であれば十分カバーできる音量であり

バッテリーも長持ち、bluetoothでスマホ接続してMixなんかも流せるし

もちろんケーブルを使ってコントローラと接続、モニタスピーカーとしても使えるので勝手が良い

コメント