【RABムラトミ主催】ダンスイベントFunkyForceVol.6レビュー!!地元岡崎/数々の伝説とは?

スポンサーリンク

2018年11月18日、FunkyForceの振り返り。

RABムラトミの地元岡崎市にあるBTStudioで開かれたイベントである。

カメラマンのしのみやさんの許可を頂いたので、写真を数点抜粋させて頂いた。

写真集で振り返り

ムラトミ氏の書いたタイムスケジュール(手直しあり)

手書きのイベント表紙
おかざえもんが良い味を出している

BTStudio1F
ムラトミ父&母がつくる鍋、そしてコタツ、そして漫画、そして物販などで賑わう

DJ Zumi ZakiokaCityBoy

DJ Zumi
この日ダンスもこなし音響不具合も修理していた重要人物

DJ Machi
FunkyForce Vol.1から毎回バトルDJをしている老舗DJ

ムラトミ父による開会宣言
「どうも、ムラトミの父のムラトミです」は名言すぎて目眩がする人続出という噂

BTStudio1F入り口付近

Judge YanNastyさん、渋かっこいい

Judge RABからマロンさん
鉄板のネタを生でたくさん見れて満足な人続出

Judege 自爆さん
筋肉やばすぎ、音響の問題で音が飛ぼうがガンガン肉体を吹っ飛ばすその姿は圧巻

「準優勝」の封筒
準優勝チームに渡す封筒に「隼勝優」(ハヤブサショウユウ)、このあと謝罪会見

優勝のカップ
100圴のダ○ソーでお手軽に手に入りそうだとMC Ryo-z氏に突っ込まれるムラトミ氏

優勝チーム
LIBERAL MANEUVERZ(SKAJUN,CHARO,KYOHEI)

準優勝(隼勝優)チーム
アサヒスーパードライ(KT,UNOONE,ジミー)

手作り感満載が良い味を出しているトーナメント表

ツイッターで振り返り

ジャッジムーブ RABマロンさん

あの膝おとしムーブが生で見れて皆さま大盛り上がり

ジャッジムーブ自爆さん

その通りムラトミ先生のジャッジ紹介の呼び込みが1分前後に渡る長編でなかなかジャッジムーブに入れないという斬新な回であった

会場が狭めなこともあり、自爆さんの筋肉もよく見えて皆さま大盛り上がり

タイムスケジュールが赤ペン手直し

ムラトミ先生が書いたスケジュールにおそらくMC Ryo-zさんが手直しをしたものと思われる

スケジュール通りにはいかず、時間がおしまくりでジャッジもしんどそうだった

それも含めてファンキーフォース!的なノリでムラトミはイベントを乗り切ったので色んな意味で凄さを感じざるを得ない1日となった

ムラトミ先生伝説の”はやぶさしょうゆう”の件

・優勝チームが決定した後「ヤバイ用意してない」封筒をダッシュで用意しに行くムラトミ先生

・封筒を見てMCRyo-zさんが言う。

これ「じゅんゆうしょう」じゃなくて「じゅんしょうゆう」ですよ?

・むしろ「じゅん」でもないですね、これなんだろう?「はやぶさ」?

「はやぶさしょうゆう」ですねこれは、謝罪会見ですねこれは

ムラトミ先生謝罪会見

ムラトミ反省会

イベント終了後、ひとりひとりに謝罪して回るムラトミ反省会は夜中まで行われたそうだ、、

筆者の目線の振り返り

そんなわけで色んな人たちに支えられて成立したイベントでした。

ムラトミの後輩たちが進んで仕事を探してたり、受付してたり機材を運んでいたり物販をしていたり、しのみやさんがイベント終わりにゴミ袋を持って掃除をしていたり。

ムラトミ推しの保護者さんたちが人が多くて狭い中でもずーっとbboyの邪魔にならないようにはじっこで立ち見をしていたり、至るところでムラトミを中心とする暖かい輪っかみたいなものが出来上がっているのが見えて、良い人たちだなぁ、良い空間だなぁ、ということを感じ取っていました。

出場してたbboy bgirlは凄い人いっぱいいて、ここで語るとキリがないので割愛します。

毎回ファンキーフォースの会場である岡崎のBTStudioは数多くのbboyがレッスンをしてきた歴史あるダンススタジオ。

おそらく20年ほど前にAguriさんがレッスンを始め、Ryo-zさん、Yoshitaro(筆者)、Muratomi先生、、、等々と引き継がれて来たのを思い出すと歴史の深さに想いを馳せざるを得ないですね。

毎年影武者DJを頼まれていたので、今年も依頼がありDJ機材を持って行こうと前日に連絡とったムラトミ先生とのやりとりは神回でした。

このやりとりをしてホッとしました。「東京に行って有名になって、変わってしまったんじゃないか?」

なんてことを思ったりするんですが

「変わってなかった」

これからもムラトミ伝説エピソードで書いたように、己を貫いてほしい!と思いました。

ついでに3年ぶりにバトルも出てみたんですが、グダりまくりでしたがそれ以上にイベントに参加できたことに感謝。

しのみやさん撮影写真のクオリティと数が凄い、カッコ良い写真も多数なのでこちらからチェックしてください。


コメント