【RAB】ムラトミ2004年練習動画から岡崎の昔話を綴る

【RAB】ムラトミ2004年練習動画(リアルアキバボーイズ)

という動画をご存知だろうか?

【RAB】ムラトミ2004年練習動画(リアルアキバボーイズ)

2004年頃に、ぐるぐる温泉というチームでムラトミと活動していた筆者(ウインドミルおじさん aka Yossan)が当時撮りためた動画を、当時のwindows2000のムービーメーカーで編集したものである

この時代はスマホや小型カメラもない時代なので、おそらく8ミリビデオで撮影してたものである

この時代は映像をあまり残すbboyがいなかったのでレアモノといえよう

動画と共に記憶も残しておきたく、ワンカットずつ思い出を綴ることとした


某所でバーベキューをした際の一枚

皆でわいわいバーベキューしている時ですら、彼はコンクリートでエアートラックスを練習していた


 

岡駅での練習風景から一枚

カフェオレ1リットルを2本ほど空けている、この頃からカフェオレが飲み物の基本であった

そして終電頃になると、女性の格好をしたガタイの良い男性が自転車で練習場所を何度も往復していた

この話は岡駅で練習していた人であれば都市伝説的に語り継がれている話である

 


当時、ウインドミル、ベビーウインドミル、コークスクリュー、トーマスフレア、Aトラックス、ヘッドスピン、ロングドリルなど数々のパワームーブをマスターしていたが、エアートラックスの連発には納得がいかなかったらしく、エンドレスでエアー練をしていた

そして床にキレて泣いていた、何かを習得するに至る努力や集中力は常軌を逸していた


この場所は愛知大学豊橋校舎

豊橋のbboyで愛大のダンスサークル員が身内バトルを開催してくれた時のワンショットである

 


韓国人bboyをリスペクトしすぎてモノマネをするワンショット

2002年にはBattleOfTheYearで韓国のExpressionが優勝、2004年にはGamblerzが優勝していたこともあり、この頃のbboy界は韓国の進化ぶりがヤバイと話題になっていた

TheEndやBruceLeeをはじめとした、エアー変化系を自在にこなすパワームーバーが台頭する時代背景を感じさせるワンシーンである

モノマネに歴史あり

 

 


練習場所にいるだけで雰囲気が変わるbboyっていると思う

練習中、苦しそうな顔をよく見かけたものであるが、次の瞬間にはコミカルな動きで周囲を明るくするムードメーカー、彼がいるだけで練習場所の雰囲気が明るくなり、同時に周りも本気になるのであった

どんだけいいムーブしても顔を横に振って自分に対してストイックであった


このフリーズが止まりすぎて鳥肌だった、長いと5秒くらい?ガチーンという音が聞こえてきそうなくらい止まってた


愛大バトルでフリーズをきめるショット、確かムラトミ、筆者、Yくんの3人で出場し、身内バトルながら優勝した覚えがある、そして豊橋でムラトミという存在を大きく知らしめたイベントでもあったといえよう


代名詞ともいえる技、ロングドリルである

当時、このレベルでロングドリルができた日本人は数えるほどしかいなかったと記憶している


筆者ウインドミルおじさんと、ムラトミのヘッドスピンルーティーンのワンシーン

ぐるぐる温泉というチームで活動していた頃の映像である、私はあまり怒らない体質だが、ムラトミとお互いブチキレあったこともある、ブチキレあえるのは本音を言えるからこそであり、それだけ真剣にブレイクダンスと向き合っていたことの裏返しである


筆者はboty final 2003観戦でドイツまで行ったのだが、ヘッドスピンの達人のような外人がサイファーしてて、そこでスローヘッドを初めてみたのである

Youtubeもない、SNSはmixiの時代なので情報も閉鎖的で、日本でやってる人はほぼいなかった

それだけに岡崎駅でヘッドストップやスローヘッドをこのクオリティでこなしていたムラトミは先駆けであり偉人である

日本で当時このクオリティでやっていたのはアウトランズのノームさんくらいだったように記憶している

ムーブ後、顔を横に振る彼も、ヘッドストップの後はよく見ると少しニヤつきながら顔を横に振っていたのを覚えている


愛大での練習会のワンシーン、筆者のブレイクダンスの先生であるFireWorksのo-hashiさんが練習に来られたので豊橋近辺のbboyが聞きつけて大集合したのであった


安城夢希望(RadioClub)でのワンシーン

ぐるぐる温泉でのショーケースである

夢希望はダンスイベントが盛んで、いろんな思い出があるがクラブでダンスするといえばここであった


コークスクリューからのフリーズがち止まり

オリジナリティのある止まり方といい、当時から発想が独創的であった

ムラトミのコークスクリューがくると、このフリーズを無意識に期待してしまう東海地方bboyあるあるである


幸田ロックフェスティバルというムラトミ地元のダンスの大会に出場時のワンシーン

舞台裏控え室にてウォームアップ

ぐるぐる温泉で優勝して、その後FM岡崎に呼ばれてトークしたのは今でも良い思い出である


※あわせてよみたい、ムラトミの伝説エピソード記事

【RAB】ムラトミの伝説エピソード32選!!リアルアキバボーイズ
RABのムラトミと昔一緒にブレイクダンスをしていた筆者が当時のエピソードから今に到るまでの伝説を紹介

コメント