【ハゲ/予防/育毛】ヘッドスピン/ブレイクダンスから頭皮を守る方法

スポンサーリンク

ヘッドスピンやブレイクダンス全般

やればやるほどハゲるリスクを負うのも事実である

ここではハゲない為の予防線の貼り方をご紹介する

朝シャンするな、夜洗え

ブレイクダンスの練習後、ついつい疲れて風呂に入らず朝シャンプーすることはないだろうか?

その行為を繰り返すのは危険

練習後なるべく早く寝る前にしっかりとシャンプーで頭皮の汚れを落とすことが必須

ブレイクダンスは床に頭皮をゴリゴリ押し当てる行為が多く

雑菌が頭皮にたまりやすく、傷も出来やすい

傷口から雑菌が入った状態で眠ってしまうと

深夜にかけて、回復するはずの頭皮がダメージを受けてしまう

練習後は必ずシャンプーをして頭皮の汚れを落としてから就寝しよう

頭皮マッサージを欠かすな

頭皮はストレスがかかることにより硬くなっていく

硬くなると毛根が死滅していく

頭皮を柔らかく保つことが重要だ

シャンプーをする際には五本指でしっかりと頭皮をわしづかみにして

ダメージを受けているであろう箇所をもみほぐす習慣をつけよう

シャンプー後はドライヤーで乾かせ

シャンプーした後、放置して乾かしていないだろうか?

生乾きした状態は、雑菌が繁殖しやすい状態となる

しっかりとドライヤーで乾かすことで雑菌が繁殖しない土壌を作ってあげることが必要だ

参考)安物のドライヤーもあるが、パナソニックのドライヤーは別格

乾くまでの時間が段違いに早く、頭皮にも優しい

おすすめのシャンプー

頭皮に油分が多い人向けのシャンプーの紹介

油分をごっそり取ってくれるので、少し髪がゴワゴワ気味になるレベル

冗談のような話だが、このシャンプーの名前はプロテック、ヘッドスピンで使われるヘルメットと同じ名前である

Amazonのシャンプーランキング上位

頭皮ストレッチシャンプーは3パックで¥1300程度というリーズナブルさ

頭皮を柔らかくする為に最適なうるおい成分多め、頭皮柔軟ストレッチシャンプー

持論、ブレイクダンスでの頭皮ケアには高いシャンプーや育毛剤は不要と考えている

AGAや社会的ストレスのハゲとは違い、外傷、雑菌、ケア不足によって毛根が痛めつけられるので

お高いシャンプーを買うのではなく安物でもしっかりと頭皮ストレッチやケアをすることの方が重要である

これはハゲる、スーサイドムーブ

・素頭ヘッドスピン

仮に毎日やったら確実に毛根消失する技ナンバーワン

頭のてっぺんに体重を乗せた状態で、摩耗120%の行為をおこなう

どんな強靭な頭皮をもった人間でもイチコロであろう

必ずヘルメットを着用しよう

・素頭ノーハンドウインドミル系

手をついた、通常のウインドミルは頭をつかないので問題ない

ウインドミルがレベルアップしてくると頭軸寄りになってくる

ノーハンドウインド、ベビーウインド、ダブルウインド、エートラックス等

特にあおむけからうつぶせに返す瞬間、床に対して摩耗し削られる

週に1〜2回など、低頻度ならよいが毎日やったら消失する危険度が高い

必ずニット帽など保護具を着用しよう

危険な予兆

※NHK 沼にハマってきいてみた、ツイッター公式チャンネルより引用


NHKからも声明が出ているほど有名な話

ヘッドスピンのしすぎで頭皮がムケて白いフケ状のものが出てきたら危険信号である

頭皮の強度は人によって個人差がある為、一概には言えないが

ヘルメットを着用して練習する場合は、ある程度安全であるが

目安として、スピンニットなどでヘッドスピンを毎日1〜2時間練習/1ヶ月続けたら

おそらく通常の頭皮の持ち主であれば該当の症状が出てくると思われる

本症状が出てきたら頭皮が改善されるまでしばらく様子を見ることをオススメする

ヘッドスピンをする際はヘルメットを着用しよう

スピンニットで回る場合は過信せず、やりすぎないこと、ケアをしっかりすることを心がけよう

若い人ほど慢心せずにケアを

若い人ほど

大丈夫

イケる

と思ってケアをおろそかにしがちである

だが、毛根というものは一度退化すると、そう簡単には元に戻らない

気が付いた頃には、時すでに遅し

そうならないように、若い人には練習後のケアを怠らないように気をつけてほしい

対策グッズ

ヘルメットはシルバーフォックスが安くて丈夫


プロテックのバッキーは素材が滑りやすく、安定感もあるが少し高め

一般的な日本人男性の頭でも、Sサイズは頭にかなりフィットして技もつなぎやすい

Lサイズは少し大きめ


スピンニットはBUGのダブルタイプが安定感あり


ニットをがっちりとめるのにワンタッチガーターがおすすめ


スピンニットでヘッドスピンをする際の保護具も販売されている

まとめ

・朝洗うな、夜洗え

・シャンプー時はマッサージしろ

・ドライヤー使え

・床に頭つけるときは保護しろ

・頭皮ムケたら危険なので休め

以上、本記事によって日本のブレイクダンサーの頭皮が少しでも守られれば幸いです

コメント