【ジョジョの奇妙な冒険/都市伝説】911/アメリカ同時多発テロ事件を予知?

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険 第3部で911を予言?


第76話 「クヌム神」のオインゴ「トト神」のボインゴ①

オインゴ、ボインゴという兄弟が登場する回があり

弟ボインゴのスタンドは漫画で未来を予測するという能力を持つ

その中で以下供述の2コマが話題になっているので公式アプリより引用


服のロゴが 「911

セリフ 「おっ10時半だ


服のロゴが 「911

左上に 「三日月

左下に「飛行機

アメリカ同時多発テロ事件(アメリカどうじたはつテロじけん、英: September 11 attacks)とは、

2001年9月11日にアメリカ合衆国で同時多発的に実行された、イスラム過激派テロ組織アルカイダによる4つのテロ攻撃の総称である

午前9時02分59秒、ハイジャックされたユナイテッド航空175便がワールドトレードセンター南棟(2 WTC)の南面に突入し、南棟は爆発炎上した

10時28分、アメリカン航空11便の突入から102分後、南棟に続きワールドトレードセンター北棟が崩壊した

※wikipediaより引用

wikipediaとマンガのコマが一致しすぎていないだろうか
※三日月はイスラムのシンボル

・本が出版されたのは1991年
・事件が発生したのは2001年

これは偶然の一致にしかすぎないのだろうか

ジョジョの奇妙な冒険を無料で読む

公式アプリをインストールすればスマホで無料で読むことが可能

トップページから第3部を選択し


第76話を選択、こちらが都市伝説の元となった話である

ジョジョの奇妙な冒険 公式アプリ

iOS

https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%81%AE%E5%A5%87%E5%A6%99%E3%81%AA%E5%86%92%E9%99%BA-%E5%85%AC%E5%BC%8F%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id1227682535?mt=8

Android

ジョジョの奇妙な冒険 公式アプリ - Google Play のアプリ
■『ジョジョの奇妙な冒険』公式アプリ誕生ッ!!!■ 毎日、ジョジョの奇妙な冒険が無料で読める! 『ファントムブラッド』から『ジョジョリオン』まで全連載漫画を収録。 そしてあのプライドの高い『イギー』を育成可能!! 毎日もらえるコインを貯めて、全巻読破しよう! ■配信作品■ 『ジョジョの奇妙な冒険 Part1 ファント...

アメリカ同時多発テロ事件陰謀説

wikipediaをはじめ、多数陰謀説が見つかる

果たして911の真相は何だったのか?

ジョジョの奇妙な冒険での予言と関係があるのか?

wikipediaより陰謀説の抜粋引用をもって締めとする

アメリカ同時多発テロ事件陰謀説(アメリカどうじたはつテロじけんいんぼうせつ)では、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件が自作自演によって引き起こされたとするいくつかの説について解説する。

9.11テロに関する公式な見解は、「ウサーマ・ビン=ラーディン(オサマ・ビンラディンとも)を筆頭とするアルカーイダ(アルカイダとも)が引き起こしたテロで、重要建造物(政府関連施設もしくはランドマーク)を標的にハイジャックした旅客機を用いた自爆テロであり、その方法はアメリカ合衆国連邦政府を始め、誰もが予想もつかなかった」というものである。これに対してテロリズムをアメリカ政府があらかじめ知っていたが無視したとする説、政府自身による自作自演であるとする説が唱えられている。

また、本事件の公式見解を支持する場合であっても、事件時の不手際などを政府や軍が隠蔽しているのではないかという疑惑も、広義の陰謀説と呼べる。

このような説が唱えられる背景には、このテロが低迷していたブッシュ政権に高い支持率を与え、アフガニスタン戦争とイラク戦争のきっかけとなり、それが軍需産業へ利益をもたらしたという経緯がある。

見逃し説は、「アルカーイダがソ連のアフガニスタン侵略に際しCIAの支援で結成された武装抵抗組織」という経緯や、「ブッシュ大統領ないしその一族がウサーマ・ビン=ラーディンと繋がっており共謀した」とする説を根拠に、「テロが起こる事を知っていてわざと見逃した。もしくは手助けした」とする説である。アメリカでは根強い論調で、そうした視点に立ったジャーナリストや研究者による様々な著作も発刊されている。この様な動きに対して、アメリカCNNも「アメリカ国内で『陰謀説』が再燃の兆し」と報じたことがある[2]。後に、たびたびテレビで取り扱われた。他にはマイケル・ムーア作の映画『華氏911』などがこの説をとりあげている。しかし、華氏911は事前に事件を知りえたはずのブッシュ大統領が、連絡を受けてから予定をキャンセルするまでの初動の遅さも取り上げ批判している。

自作自演説は、「アメリカ政府とアメリカ軍が、遠隔操作の貨物機やミサイル、建物内に仕掛けた爆破解体用の爆薬を使ってツインタワーやペンタゴンを破壊し、通説のようなテロ事件であると報道機関を用いて演出した」とする説である。(テロ自体はアルカイダの仕業とする)見逃し説と比較しても通説との差異は大きく、現在では見逃し説に代わる陰謀説の主流となっている。映画『ルース・チェンジ』ではこの説が取り上げられている。

コメント