【税金を減らしてブレイクダンスグッズも買える】ふるさと納税がおすすめ

スポンサーリンク

知ってる人、やってる人だけ得をすることがある

格安SIM、セルフバック、ふるさと納税など

過去には50%超の還元率を誇るふるさと納税があった

以下ふるさと納税商品は2019年1月31日をもって終了しました

筆者の申し込んだふるさと納税は還元率が50%超!!

支払った額の半額以上が還元される

¥60000の支払いなら

¥30000の日本旅行ギフトカード+¥600のAmazonギフトカードがもらえる

さらに¥60000程度、来年の住民税から割り引かれる

丸々¥30000程度、税金をおさえることができるすごいものだ

50%還元まではいかなくとも、30%還元程度のものであれば探すと出てくる

「ふるなび」への登録がおすすめである

ふるさと納税専門サイト「ふるなび」でふるさと納税
ふるさと納税ランキングふるなび ふるさと納税で寄附して返礼品をもらおう

・総務省は還元率30%を超す返礼品を今後許さない方針らしいのでもうじきなくなっていくと思われる

・使い道については「ギフトカードをもらって旅行に行く予定だが、忙しくて旅行に行けず、仕方なく金券ショップで換金する」人もいるであろう

・消費税も2019年10月より2%増税される予定、どんどん高くなる税金から住民税を減らしてみてはどうだろうか?

・今年分の申し込みは1月〜12月まで、申し込んだ翌年に住民税が割り引かれる

申し込み手順は?

1. ふるなびに会員登録

2. 控除上限額シミュレーションに年収を入れてみてふるさと納税の上限額を確認

3. 好きなものをふるなびで探して申し込み

4. 自治体からお礼の手紙と、返信用書類が届く

5. 書類を同梱の例に従って記載して返信(同梱のものがなければGoogle検索)

おわり

※一般の会社員で、確定申告をする予定のない人のケース

※書類を返信するだけで、手続きを簡単にやってくれる「ワンストップ特例制度」が適用されるのでこれで終わり

ふるなび以外のサービスは?

楽天市場でふるさと納税と検索すれば山のように商品が出てくる

還元率50%ギフトのようなものはないが、楽天ポイントアップ中のものに申し込めばふるさと納税しながら多くの楽天ポイントも同時にゲットできるのでおすすめ

こちらも申し込み手順は上述したものと基本同じで、ワンストップ特例制度が使える


楽天市場利用には楽天ポイント貯めの為、楽天カード申し込みが必要

手数料等一切無料で2019年1月時点では7000ポイントもらえる

持ってない人は¥7000分タダで楽天市場で買い物しつつ、ふるさと納税もしつつ、ポイントも貯めることができる圧倒的にお得なサービス

コメント