【BotyJapan2019】ジャッジ総評まとめ

スポンサーリンク

ジャッジコメントが続々とアップ

boty japan 2019を終え

ブレイクダンス界を代表するジャッジ陣

YU-YA, Katsu1, Junior, SHIE-CHAN, Kouske

より、熱い総評コメントが公表、まとめた

shie-chan

View this post on Instagram

BOTY JAPAN でジャッジさせて頂くのは3回目。毎回沢山のドラマがあって、ジャッジの立場であるにも関わらず泣いてしまうぐらい皆の想いが伝わるイベント。 あの激戦でバトルに上がれたチームは凄い。 でも、結果ばかりフォーカスされるけど、バックステージで泣いたチームがいる事を私は知ってる。 どのチームにもドラマがあって、怪我、精神/体の疲労、ケンカ、何で今やねんっていう事件、急遽ルーティーンの作り変え、、誰もがあと1週間あればと願ったはず。 それでもBOTYは予定通りやってきて、お客さんも純粋にヤバいダンスを楽しみに来る。 仲間を信じてやるしかない!って、ギリギリの状態で挑む。 結果によっては全否定された気持ちになるかも。時にはダンス人生を左右する事にもなるかもしれへん。 こんなにやったのに、なんでジャッジは分かってくれへんねん!アホか!!と思いたくもなる。。 私達ジャッジは、そんな気持ちを背負いながら、覚悟してあの席に座る。 誰かの愚痴を言って前を向けるなら是非そうしてほしい。ただ、その後はもう一度自分を、仲間を信じてほしい。 どんな凄いチームも、そんな想いを幾度となく繰り返して上に立ってる。 それは、諦めなかった人しか見れない景色。 悔しい想いをした分、必ず強くなれます。 あの舞台に立った全ての人にリスペクトを🙏 #boty #botyjapan #botyjapan2019 #battleoftheyear #バトルオブザイヤー

A post shared by Shie-Chan (@bgirl_shie_chan) on

yu-ya

View this post on Instagram

Battle Of The Year 2019 JAPAN 今回は審査員として関わらさせて頂きました。 @botyofficial は僕の中で本当に思い入れのある大会で、BREAKを始めた当初、家に帰ってきたら毎日VHSで観ては、いずれこのステージに立ちたい!と強く思っていました。俺がステージに立ったらこうする!っていうイメージトレーニングもやっていたくらい笑 その強い思いがあったから、毎日の厳しい練習を耐え抜く事が出来た。 そしてこの激戦の日本予選を優勝し、世界の舞台に立ち、そして日本人初の優勝!そして2連覇を達成する事が出来た! 僕の少年時代からの心の支え!そして夢の詰まった大会で審査員として関わらさせて頂き、嬉しい気持ちと、みんな人生かけて獲りに来る大会で、僕もその気持ちがわかる分、全員の想いを背負う気持ちで審査させて頂きました。 戦友達が舞台の上で本気の闘志で輝く姿、 次世代の時代を変えてやる!という勢い! これが俺だ!と言わんばかりの洗練された技の数々! 全てがあのステージ上でぶつかり合い、そしてそれぞれが1つになり、大きな光輝かしい魂として綺麗に舞っているように僕には見えました。 そしてその光の先頭を走った @bodycarnival_kyoto が優勝を果たし、日本を代表して、みんなの魂を世界の舞台に連れて行ってくれるんだなと。 応援してます🤝 そして、 今回関わった全ての方にbig respect を🤝 1人でも欠けたらこの空間は出来ていません。 最高な空間をありがとうございました。 やっぱりBOTYは最高だ‼️ SHOWの審査中涙が止まらなかったのはここだけの話🤫 LOVE. #battleoftheyear #botyjapan #boty2019 #casiogshock #bboyyuya #hsestyle #bboy #bgirl #審査の総評などは公式のWEBに上がると思うのでそちらをチェックして下さい

A post shared by YUYA STYLE (@yuyastyle) on

kousuke

MC USK

MCを務めたUSKさんからも熱いコメントが公表

View this post on Instagram

2019/07/15 【BATTLE OF THE YEAR 2019 JAPAN】 BOTYの写真がアップ出来てませんでした〜!!!💦💦💦 . 今年も全国のB-BOY&B-GIRL、BREAKER達を熱くさせたBOTYことBATTLE OF THE YEARの世界に繋がる日本大会! SHOW CONTESTには21チームが参戦、会場のチッタには多くの人達が集まり賑わい大いに盛り上がりました!!! 全てのチームに様々な6分間の見せ方がありました、見てて様々な感動にカッコ良さを見せてくれたMORTAL COMBATにはオリジナルメンバーは2人のみで新たなメンバーを多数入れたメンバー構成なんですが、見てて何だか分からないけどカクちゃんのヘッドスピンに目からツーっと涙が出てとにかくステキでした、挙げたらキリがないけど怒涛の攻めを見せる九州男児やオシャレにカッコ良く見せるnine stats b-boys、一挙手一投足に感動をくれるLJ BREAKERS 全21チームそれぞれの良さを感じさせてくれる素晴らしいSHOWばかりでした✨👏👏👏😆 . TOP6のバトルから熱く白熱の戦いの連続で決勝は関西を代表するボディカとモーコンの対決、久々だったというこの対戦カードは20回目を迎えたBOTY JAPANの決勝に相応しい素晴らしき戦いでしたっ!!! . 優勝し日本代表となったBody Carnival世界の決勝大会でも後悔なくやり切ってきてください!!! . U-15ソロバトルではHARUTOにずっと負けてて勝ちたかったというISSINがBOTYのステージでチャンピオンになりました! まだ出られるチャンスがあるという事なので2連覇目指してまた頑張ってね!😉👍 U-15ソロでは原石を越えた凄すぎる子達ばかりで度肝を抜かれました✨😆 未来の日本BREAKシーンも楽しみしかないですね♪♪♪ 一緒の現場だった皆さんありがとうございましたっ!!!🙏😊 #BOTY #battleoftheyaer #BOTYJAPAN #battleoftheyaerjapan #BOTY2019 #BOTYJAPAN2019 #battleoftheyaer2019 #battleoftheyaerjapan2019

A post shared by MC USK (@mc_usk) on

最後に

2000年より開催されたboty japanも19年目の開催となった

こうした継続開催が出来るのも

ジャッジ

MC

オーガナイザー

スタッフ

観客

そして出演者

各々がこのブレイクダンスという文化を愛し続けているからに他ならない

平成から令和へ

激動の時代ではあるが

今後もこの文化は消えることなく、むしろオリンピックになり進化しようとしている

当ブログでも微力ながら、より多くの人に伝わるようなわかりやすい情報を提供することでこの文化を広めていきたい

あわせて読みたい

【BotyJapan】2019動画まとめ|バトル|ショーケース|バトルオブザイヤージャパン
BotyJapan2019結果と動画のまとめ

コメント