【バーベキュー火起こし】超簡単安全初心者おすすめの方法

スポンサーリンク

バーベキューの火起こしを確実に行うためのアイテム

1.炭

2.うちわ

3.ガスバーナー

以上、確実に火が起こせる

着火剤や新聞紙等は不要




手順

ガスバーナーを用意

取り出したらキャップを外し、噴出口をしっかりと本体につける

トップのガス栓を緩めるとプシュー音がする

引火ボタンをカチっと押せば炎が排出される

炭に向けて着火(30秒~1分程、つかなければ数回繰り返す)

着火し終わったらガス栓を閉める

子供の手の届かないところに冷めるまで置いておけばOK


ガスバーナーを炭に向けて引火すること30秒前後でもう着火するはず

筆者の経験では5年ほど放置しといたしけった炭を使った場合でさえ、1分~2分ほど着火し続ければ引火した

勢いよく火が出るので、初めて使う人はビビるかもしれないが慣れれば簡単に扱える

着火後はうちわであおいで火を他の炭に広げていく

火をつけて放置すること10分、だいぶ燃え移ってきた際の画像


うちわで炭の隙間をあおげば、あっという間に炎が巡り火力十分になる

火力十分で肉焼きまくりの画像


ガンガンいける画像

注意点

本手順では着火剤などは不要

例年、着火剤を後から入れることで暴発し、事故につながるなどの事例がニュースで伝えられる

誤用する人が第三者に現れる可能性もあるので、着火剤等はそもそも持っていかないのがよいと考える

単純に

ガスバーナ、炭、うちわ

この3点のみで火起こしが完了する

本手順がシンプルでやりやすいのでオススメする


新聞紙等で火起こしするやり方もあるが、コツがいるので確実なやり方として紹介した

コメント