【太平洋無人島の核のひつぎ/放射能漏出懸念】cactus domeが怖すぎ/汚染廃棄物

スポンサーリンク

太平洋無人島の核のひつぎカクタスドームとは

太平洋のど真ん中

マーシャル諸島・エニウェトク環礁ルニット島

1958年のカクタス核実験により生じた放射能汚染物が厚さ45センチのコンクリートで封じ込められている

その見た目は異様

目を見張るような綺麗な海にある無人島に、巨大で無機質なコンクリートクレーターが出現するのである


以下Googleマップより引用

コンクリートで覆われた丸いクレーターがカクタスドームである、一般人も立ち入り可能で歩くことが出来るという


航空写真からみても透き通るような海、核廃棄物がなければ天国のような無人島であろう


ズームアウトするとわかるが、日本からも遠いとは言えない距離感である


Youtubeでも立ち入って撮影された動画が多数見られる

What's Hidden in This Remote Dome Can Destroy the Earth

国連総長が放射性物質の漏出を懸念表明

2019/5/16 国連総長が懸念を表明

クレーターの底面には何の加工もなく(つまり土に直接ポイ捨て?)

上から被せたコンクリートにも多数ヒビが入っており、竜巻等で崩壊しかねない状況とのこと

住民も住めなくなっている

プルトニウムの半減期は24000年

コンクリートの耐用年数は100年程度

島の北半分は放射能汚染濃度が高い為

元々住んでいた住民も、穀物が育たず、南半分の島で生活しているという


情報ソース:

Runit Dome: The Radioactive Trash Can on Enewetak Atoll
Since World War II, the United States has conducted over 1,000 nuclear tests mostly at Nevada Test Site and the Pacific Proving Grounds in ...

コメント